非化学系高専生のための編入化学の勉強法

勉強法

こんにちは、ます。です。

編入を考えているみなさん、化学の勉強ってどのように進めていけばいいかわからないですよね。

化学と言っても、有機化学から量子化学などたくさん分野が分かれていて非科学系の高専生にとっては大変そうですよね。

電気電子工学科のぼくも勉強する前はそう思ってました。

しかし、ぼくは化学の試験がある東北大学の編入試験に合格することができました。

そんな電気科のぼくが化学の勉強をする上で重要だなと思ったことや勉強法をこの記事で共有したいと思います。

編入のための化学の勉強法

【本質】化学は暗記ゲー

まず、化学は「暗記科目」です。

「何を当たり前のことを・・・」と思うかもしれませんが、暗記さえすれば、ほとんどの問題が解けるようになります。

つまり、化学はセンスがなくてもできるようになる科目と言うことです。

ただ、ぼくも陥りそうになった注意点がひとつあって、「理解しすぎようとする」ことです。

もちろん、多少の理解は必要なのですが、それ以上に覚えないとどうしようもないからです。

というのも、数学や物理では「理解していないと解けない問題」が多いのに対し、化学では「知ってないと解けない問題」の方が多いからです。

そのため、最初から理解していくより、暗記重視でどんどん覚えていく方がいいと思います。

知識を『知っている』から『使える』に

覚えた知識を「使える」知識にするために演習をしながら覚えていくことをオススメします。

というのも、ただ暗記するだけだと用語は知っているけど、「いつ」「どうやって」使えばいいかわからなくなります。ぼくもこの経験に陥りました。

この演習しながら覚えていくことのメリットは、復習しやすいところにあります。

演習をすれば、必ず間違えるので、そこで復習することでより記憶に定着させることができます。

1度、間違えた問題は、忘れにくいものです。

しかし、講義系参考書では暗記することはできますが、「間違う」ことはできません。そこに、演習する意味があります。

また、間違えた問題に対して、参考書を読んで深く理解することで、次により間違えにくくなります。

まとめると、次のステップで勉強していくといいと思います。

①参考書で軽く理解しある程度覚える

②演習しながら覚える
↓↑
③わからないところを参考書で調べる

化学科の友達や先生に頼りまくれ

化学のことは化学に詳しい化学科の先生や学生に聞きましょう。

当たり前ですが、化学科の先生や学生は非化学系のぼくらより何倍も知識が豊富です。参考書だけで勉強できなくもないですが、参考書にのってないことようなことも教えてくれることもあるので、ガンガン頼りまくりましょう。

勉強範囲

編入学試験での化学の範囲ですが、大学によってかなり異なってきます。ですので、志望する大学の過去問を見て、判断するのが一番です。

といっても、大きく分けて以下の4つです。

  • 理論化学
  • 無機化学
  • 有機化学
  • 物理化学

注意点として、上3つの理論、無機、有機に高校範囲と大学範囲で分かれています。大学化学が範囲に含まれているかは大学によります。物理化学は大学範囲です。東工大では量子化学も含まれていた気もします。違ってたらすいません。

先ほど、化学は暗記と言いましたが、理論化学と物理科学は計算もあります。ですが、パターンも少ないのでサクッとできるようになると思います。

使った参考書

DOシリーズ:鎌田の理論化学

講義系の参考書で解説がとてもわかりやすく初めて学ぶ人にもオススメする1冊です。ただ、演習問題が難しいので後述する「基礎問題精講」とセットで使うと良いと思います。

DOシリーズ:福間の無機化学

コンパクトで知識が整理されていて暗記もしやすいです。高校範囲の無機化学はこれ1冊やれば問題なく戦えると思います。

DOシリーズ:鎌田の有機化学

有機化学の知識をわかりやすく体系的に学ぶことができる参考書です。DOシリーズは別冊で暗記するポイントがまとめられたノートがついてくるのでとてもオススメです。

基礎問題精講

非化学系にはもってこいの1冊です。まず、解説がとにかくわかりやすい演習書です。かといって問題数もそこまで多くなく、誰でも取り組めると思います。DOシリーズとセットで使うとさらに効果的です。周りの受験生も絶賛してました。

理系なら知っておきたい 化学の基本ノート[物理化学編]

物理化学の1冊目にオススメするこちらは、図が多くページ数も多くないので、さらっと物理化学の基礎を理解することができます。時間がない人にもオススメです。

化学の新研究

高校用の参考書であるものの、大学化学も含め、たいていのことはのっているので完ぺきにすれば編入試験は網羅できると思います。ただ700ページくらいあるので、参考書にのってないことを詳しく調べる辞書がわりとして使うことをオススメします。

勉強ルート

【Lv.1】[高校化学]理論化学

化学全般の土台となる分野です。まず、この理論化学をしっかり固めることが、この先の化学の勉強においてより効率よく学べると思います。

【Lv.2】[高校化学]無機・有機化学

次に無機・有機化学です。無機化学は簡単に説明すると、色々な元素を細かく調べたり、気体の色を調べたりします。それに対して、有機化学は物質の構造を取り扱う分野みたいな感じです。

どちらも、暗記分野ですが、有機化学の方が考えて解く問題が多いです。無機化学はというと、ガチ暗記って感じなのでギリギリに勉強しても戦えるようになると思います。

ですので、有機化学→無機化学の順で勉強するのがオススメです。

【Lv.3】大学化学

最後に大学化学です。大学によってやらなくてもいいので、最後にやるといった感じです。大学化学を独学だけで乗り越えるのかなりキツいので化学科の友達や先生に頼りまくりましょう。

以上となりますが、まとめると化学はとにかく「暗記ゲー」です。

参考になれば幸いです。

質問等あれば、コメントやTwitterにご連絡ください。